TOP > 卒業生の声

卒業生からのメッセージ

九州工業大学 情報工学部 機械情報工学科の卒業生からのメッセージを掲載しています。
受験生の皆様は、これからの学校選びの参考にして頂きたいと思います。
在学生の皆様は、学生生活、就職活動への参考にしてください。

 藤原伸幸

「モノ作りが好き!」「将来はモノ作りに関わる仕事がしたい!」
そんな方には機械情報工学科を強くお勧めします。

本学科では、機械系技術者として必要な知識・技術が身に着くのはもちろんのこと、最先端の技術やモノ作りの最新事情等を学ぶ機会が数多くあります。そのため、私がそうだった様に、「何となくモノ作りが好きで、関連ある仕事がしたいけど、具体的に何をしたいのか分からない」なんて方でも、本学科で学ぶ内に様々な知見を身に着け、就職活動をする頃には、自分の意思で「やりたい!」と思う業種が必ず見つかるはずです。
また、本学科の特徴の一つに圧倒的な実習の多さがあります。実習は実践的な技術を身に着ける場であること以上に、モノ作りに対する姿勢を磨ける場だと思います。私は職場で「最近の技術者はデスクワークばかりで、”現場に足を運んで実物を見る”姿勢が無い」とよく耳にしますが、大学で座学ばかりを学んだのであれば仕方のない事です。本学科では、実習を通してそういった姿勢を学ぶことができるため、より早く高いレベルの技術者へと成長していけるものと思います。

椋野雅人

私は将来ものづくりに関わる仕事がしたいと考えて、
この学科を選びました。

本学科はものづくりに必要な学力と技術を講義と実験や実習を通して効率良く身に付けられる学科です。また、教材や設備も整っていてとても良い環境で勉学に励めたと思っています。大学生活で勉強や課外活動を通して何かに一生懸命取り組む事の楽しさと難しさを経験できた事は、社会人として仕事に取り組んでいる今、たくさんの事で活かされています。皆さんも充実した大学生活を送る上で何事にも楽しく一生懸命取り組んで下さい!!

黒田和樹

新商品を検討する上で必要となる力学、電気、制御の
各分野をバランスよく学ぶことができます

この学科では新商品を検討する上で必要となる力学、電気、制御の各分野をバランスよく学ぶことができます。現在、流体を軸とした研究グループに所属していますが、大学で学んだ基礎が大変役に立っています。これから入学される方、在学生の皆様へ、「貪欲な好奇心」「一生懸命な姿勢」「本音で語れる仲間」という言葉を送ります。様々なことに好奇心を持ち、どんなことへも一生懸命に取組み、一緒に学んでいるかけがえのない仲間達と一緒に充実した学生生活を送って下さい。ありふれたことですが、忘れがちなことなのでいつも自分に問いかけてください。その結果は将来の仕事・私生活に必ず素敵な形としてあらわれると思います。

本郷和義

学習するための素晴らしい環境が整っており、
自由に多くのことを学べる学科です

小さい頃からものづくりに興味がありましたが、機械工学も学べる本学科を希望しました。実際に、いつでも自由にコンピュータを利用することができるなど、学習するための素晴らしい環境が整っており、入学当初は驚かされました。

現在は巨大な3枚翼を持った風力発電の仕事に携わっています。実はこの風力発電に憧れて入社したのですが、本学科で学んだことが非常に役に立っています。大学はただ楽しむだけの場所ではありませんが、この学科では自由に多くのことを学べる場所であると思います。

杉山沙織

学生時代に学んだ
情報・電子回路系の基礎知識が役に立っています

一つの専門分野を深く理解することはとても大切なことですが、それよりもさらに「広い分野での知識・総合力」も必要だと思いました。
機械情報工学科では様々な広い分野を学ぶことができましたので、仕事上でさまざまな場面で役に立っています。学生時代に学んだことはは決して無駄になりません。
現在、エアコンのソフト設計に携わっていますが、この学科で学んだ情報・電子回路系の基礎知識が非常に役に立っています。
ぜひ学生時代で多くの技術力・知識を身につけ社会に出てください。

矢山将次

本当に興味のあることをとことんやり続ける──
それができる学科でした

現在、どこのメーカーも即戦力になる人材を欲しがっています。
九州工業大学でみっちり学べば、就職して仕事をする上で困ったことはほとんどありません。即戦力として活躍できる力を身につけることができると思います。
機械情報工学科は、学ぼうと思えばいくらでも学べる学科だと思います。様々なことにアンテナを伸ばすことも大切ですが、「本当に興味のあることをとことんやり続ける」それば将来の問題解決能力を養うことになると思います。 私はこの学科がそれができる学科であったと思います。