TOP > 入試情報

入試・編入情報

入学者受入れ方針 アドミッションポリシー

機械情報工学科のアドミッションポリシーは以下の通りです。

教育方針

情報工学部

情報を基軸とする科学技術分野において高度な専門技術を身につけた人材を養成します。そのため、情報化社会をリードし、今後の科学技術の進歩にも十分対応できる基礎技術力と、先端的な技術開発に対応できる専門技術力を兼ね備えられるような教育を行います。

高等学校での修得が望ましい教科内容と水準
  1. 数学については、数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Ⅲ・数学A・数学Bを履修しておくことが望ましい。
  2. 理科については、自然の事物・現象について理解し、観察や実験などを通して科学的に探求する能力と態度を身につけていること。特に、物理基礎・物理、化学基礎・化学等を履修していることが望ましい。
  3. 外国語については、英語の基本的なリーディング、ライティング、オーラル・コミュニケーション能力を有していること。
  4. 国語については、日本語を的確に理解し適切に表現する能力を有していること。
  5. 他の教科・科目については、基礎レベルの知識・理解を有すること。

機械情報工学科

情報工学と機械工学の双方の基礎理論と応用技術を習得し、コンピュータとメカを融合した新しい機械情報技術を創出できる総合的な能力を身につけた、高度技術者の育成を目指しています。

入学者受入方針

以上の教育方針に基づいて、次のような学生を求めます。もの創りの基本となる数学、物理、化学などの理数系科目に特に興味があり、それらの科目の基礎学力を持っているとともに、国際化に対応できるコミュニケーション能力の習得にも興味を持っている学生を求めます。

特に次のような学生の入学を期待します。

  1. 科学及び技術に強い関心を持つ人
  2. 物事をじっくり考え、興味深い現象の発見や問題解決に意欲を持つ人
  3. 新しいことへの興味を持って、もの創りに挑戦したい人

3年次編入学

3年次からの修学に必要な基礎学力を備え、高度技術者への強い指向を持つ学生を受け入れます。