TOP > 開講科目と学習・教育目標

開講科目と学習・教育目標

情報と機械を融合した新しい技術の修得を目指しています。

開講科目一覧

開講科目一覧

A. 情報工学と機械工学の双方の基礎と応用を習得する B. 理解力、思考力、問題解決能力、論理的表現力を総合的に養う C. 人類の幸福と国際協調に貢献できる能力を身につける

学習・教育目標

機械情報工学科(機械情報工学教育プログラム)の「学習・教育目標」

(A)情報と機械を融合した新しい技術を目指し、情報工学と機械工学の双方の基礎と応用を習得する。

(A-1) 自然科学の基礎―機械情報工学で必要となる数学、および機械情報工学の基礎となる物理・化学について理解し、機械情報工学へと応用できる能力

(A-2) 情報工学の基礎―計算機のハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションについて理解し、機械情報工学へと応用できる能力

(A-3) 機械工学の基礎―機械工学の基礎概念について広く理解し、機械情報工学へと応用できる能力

(B)情報と機械を融合した新しい技術を目指し、理解力、思考力、問題解決能力、論理的表現力を総合的に養う。

(B-1) デザイン・構想力―設計法を理解し、与えられた制約条件のもとで仕様・性能を満たす設計ができる能力

(B-2) 実験―実験の目的を認識しながら実験を計画・遂行し、実験において体験する諸現象を評価できる能力

(B-3) 実習―設計から製造に至るプロセスを体験し、そのプロセスで必要とするスキルや知識を適用できる能力

(B-4) 問題解決、総合力―機械情報工学分野の与えられた課題に対して、基礎知識と専門知識を応用する能力、および計画的に取組み、まとめあげる能力

(C)情報と機械を融合した新しい技術を目指し、種々の歴史、文化、習慣、価値観を背景とした技術の役割と倫理的責任を理解し、 人類の幸福と国際協調に貢献できる能力を身につける。

(C-1) 技術者倫理―技術者が社会や自然環境に対して果たす倫理的責任の自覚

(C-2) 国際社会と文化―社会、文化、習慣の歴史や価値観を理解し、国際協力できる能力

(C-3) コミュニケーション―技術文書の作成、プレゼンテーション、外国語の基礎

(C-4) 協調性とリーダーシップ―共同作業を進める上での協調性を理解し、その役割と責任や責務の範囲でリーダーシップを発揮する能力